突然ですがお知らせです。 2011年11月18日

これまでたくさんの方々の応援でやってきましたブログ、『私の畑と両親のペンション in 沖縄』。

おかげさまで気楽に長らく続けてきましたが、

主旨がややぼやけてきているというか、ぶれてきているというか、

私自身もよくわからなくなってきているおり、

もう一度ペンションいぺーのブログとして見直し、そして再出発するため、

http://ipe.ti-da.net/

で新しくブログを始めることにしました。

まことに勝手ながらそういうわけですので、ご容赦を願いつつ、暖かい見守りよろしくお願いいたします。

ペンションいぺー たかはしあきら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まだ川遊びができるってことは暖かいということなんでしょうねぇの件 2011年11月2日

時間が空いていればボーリングの師匠のセルジオ(70)のシークヮーサーの収穫のお手伝いに行くのですが、

Kc3h0013

畑(山)のそばで川が流れているのでテナガエビ獲りをしました。

例えば、氷山からマンモスの氷漬けが発見されたとしたら、それは1頭でも世紀の大発見であり、

例えば、ジョン・レノンの未発表曲が見つかれば、それは1曲でも未来永劫消えることのない音楽であり、

例えば、苦労してテナガエビを獲ることが出来たのならば、それは1匹でも人類史上に残る大きな足跡であります。

Kc3h0016

そんな偉大なる足跡↑を残した私に、

セルジオはアンパンとコーラの甘々最強コンビを同情気味に渡してくれました。

ありがとうセルジオ。

でも、『若者=甘いもの』という図式は虫歯を抱える私にとってアンパンコーラは大鎌を喉首に突きつける死神のようなものであり、歯医者は今度の月曜日に予約してあるのでそれまで待ってほしい所存であり、でも年配の方の真心を無下にはできないので、虫歯がばれないように子リスのように前歯で噛み噛みして食べました。

Kc3h0012

↑そんな子リスが収穫したシークヮーサー(無農薬)は、ペンションいぺーの料理にも使われ、なによりブラジルのお酒を作るにも使用しています。一度ご賞味ください。

Ca3i0002

↑ブラジルのお酒・カサーシャとシークヮーサーのコラボしたカクテル。ほんまはライムを使うのですが、ここは沖縄なので香り豊かなシークヮーサーを使っています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

写真で見るとけっこう髪の毛伸びたなぁとは関係ない件 2011年11月1日

弓術でいえば矢をつがえただけで猿が恐れて鳴きだしたという養由基のように、

兵法でいえば兵法の大家と伝えられる張良や孫子のように、

『ペンションいぺーの三線(さんしん。沖縄の弦楽器)といえば、たかはしあきらのように』

と言われたいがため、

Pict0009

↑三線の師匠、カズユキ(中3)のもとへ教えを乞いにいきました。音楽センスがゼロの私にわかりやすぅ指導してくれてありがとうございました。譜面が読めるようになったのであとはひたすら自主練習あるのみです。不定期ですがまじめに通って免許皆伝をいただけるようがんばります。

ちなみにカズユキはモンスターハンターというゲームの師匠でもあり、10年間ゲームから離れていた私に、コチラ方面でも優しく指導してくれています。ゲームボーイ世代の私にはPSPは操作がややこしくて・・・。師匠、息の長いご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

追伸:とかいうといて、上手になったら三線をペンションで披露するかは、私のシャイな性格との兼ね合いでけっこう難しいと思います。あしからず。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

写真で見るとけっこう髪の毛伸びたなぁとは関係ない件 2011年11月1日

弓術でいえば矢をつがえただけで猿が恐れて鳴きだしたという養由基のように、

兵法でいえば兵法の大家と伝えられる張良や孫子のように、

『ペンションいぺーの三線(さんしん。沖縄の弦楽器)といえば、たかはしあきらのように』

と言われたいがため、

Pict0009

↑三線の師匠、カズユキ(中3)のもとへ教えを乞いにいきました。音楽センスがゼロの私にわかりやすぅ指導してくれてありがとうございました。譜面が読めるようになったのであとはひたすら自主練習あるのみです。不定期ですがまじめに通って免許皆伝をいただけるようがんばります。

ちなみにカズユキはモンスターハンターというゲームの師匠でもあり、10年間ゲームから離れていた私に、コチラ方面でも優しく指導してくれています。ゲームボーイ世代の私にはPSPは操作がややこしくて・・・。師匠、息の長いご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

追伸:とかいうといて、上手になったら三線をペンションで披露するかは、私のシャイな性格との兼ね合いでけっこう難しいと思います。あしからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『おきなわいちば』さん 2011年11月1日

沖縄も寒くなってきたなぁと思っていましたが、

東北から来られたお客さんが「沖縄って暖かいねぇ。」と言うてはったので、

そういえば言うても半そでぞうりで闊歩してるし、冷たい麦茶飲んでるし、蚊も蝉もいるし、やっぱり沖縄はまだまだ暖かいようです。

さて、沖縄県名護市は屋我地島にあるペンション いぺーは、

「食と暮らし」の面から沖縄の魅力を紹介してはる年4回の季刊誌、『おきなわいちば』さんからの取材がありました。

「食」に特色のある宿を紹介しはるということで、ブラジル家庭料理を出している当ペンションを選んでくれはりました。ありがとうございます。

4Pで12軒の紹介ということで、『さらっとした取材かな。』と思っていたのが申し訳ないくらいガッチリとした取材や撮影でしたので正直驚きました。でも編集さんやカメラマンさん、デザイナーさんのお三方ともほんわかした雰囲気でしたので、シロウトなりにぼちぼち受け答えができたのかなと思います。ありがとうございました。

雑誌の発効日が2011年12月5日ということなのでどうぞよろしくご覧になってください。

Pict0007

↑過去の号ですが、こんな雑誌ですよといただきました。オシャレで素敵な本に載させていただけてありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いよぉーっ、ポン 2011年10月23日

急にサトウキビの注文が入ったので、朝一で畑に行ってきました。

Pict0001

↑雑草がこんにちはしてますが、私のサトウキビ畑。

Pict0002

↑軽トラに乗っけるだけ乗っけて、

Pict0003

↑葉っぱ取り除いて、長さをそろえ、

Pict0004

↑無事に出荷。意外といいお値段で売れるのでうれしい瞬間です。

ただ、刈り取ったキビを軽トラに乗せるときに思いっきり右脇筋肉をフンガーッてひねってしまったので、あまり腰を曲げることができず、

その結果キビを出しに行った郵便局で、重いキビを持ってそろりそろりと腰を曲げずに動く様は、さながら能役者のようであったと伝え聞いてます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

飛行機は大丈夫 2011年10月21日

今年もシークワァーサーの収穫が始まり、ボーリングの師匠であるセルジオ(70)の畑の手伝いに行ってます。

去年までは比較的樹高の低い樹を担当してましたが、

「ちょっと大きめの樹をやってもらおうねぇ。」とのことで、まぁ、3メートル弱ほどかなと思ってたら、

Kc3h0011

はっはぁーん、6メートルはくだらないねぇ。中途半端に高いねぇ。高所恐怖症やっちゅうてたのにねぇ。

Kc3h0026

頂上付近からの眺め、いいねぇ。でも怖いねぇ。バイトだからガムシャラに働くけど、ほんとは怖いねぇ。

Kc3h0016

脱出ポットのようなものでシークワァーサーの果実を下のコンテナかごへ投げ入れる。ブラックホールに吸い込まれるかのようでせつないねぇ。

Kc3h0030

怖かったけどなんか赤いバッタがいて、なんかラッキーでした。

自分の畑では挿したタピオカの枝から

Pict0040

↓順調に芽が出ました。

Pict0035

今年何回目の植え付けか忘れましたが、もう台風を心配することなく、来年2月or3月の収穫を目指します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

僕もいい線いってると思ってましたが・・・ 2011年10月21日

久しぶりのブログ更新ですが、この間に沖縄に何があったかというと、

『第5回世界のウチナーンチュ大会』が開催されました。先週末に。

「え?終わったの?」と言う声が聞こえますが、はい、終わりました。

まず、開催直前にブラジルからの親戚が10人ほど来沖しました。

Pict0014

日系ブラジル人特有のほんわかした優しさの雰囲気の中、

「あのおじさん、野村監督似てるでしょう。」から始まった『誰に似てるか会議』で、

一緒にいた弟は、

「誰とかではないけど雰囲気はジャニーズ系か韓流系だねぇ。」

とおば様方に人気。

そのいい流れの中、次、次、僕は?僕は?

「確かに南こうせつだねぇ。」

さて、『第5回世界のウチナーンチュ大会』で何をしていたかと言うと、

知り合いがブラジル料理のブースを出すというのでヘルプに行ってました。

Pict0026

天気のほうがかんばしくなく、まともに晴れたのが最終日の日曜日だけでしたが、

その日曜日はみんなどないしたんやっていうくらいの行列で、なんかもうすごかったです。

メインステージのある裏の野球場からはディアマンテスやブーム、BIGINの歌声が聞こえ、あぁ、行きたい、でも行けない。せめて夢で見たい・・・。

思ひつつ 寝ればや人の見えつらむ 夢を知りせばさめざらましを  小野小町

世界中から来沖してはった日系の皆さん、ほんまお疲れ様でした。

大会で悲しい悲しい別れをした親戚の皆さん、なんか、また来週会うことになりそうだね。どんな顔で会おうかね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

風と浸水に弱いタピオカ 2011年9月30日

今年は台風、水害、不安定な気温といった天災で、

全国的にタピオカが超不作の年になっているそうです。

沖縄、もとい私の畑も例外ではありませんが、

Pict0036

↑あらゆることから耐えた樹も残っています。来年の植え付けのためにも大事に育てていきたいです。

Pict0037

↑そんな苗不足の中、タピオカの枝をありがたくもなんぼか頂いたので、さっそく植えつけました。

今までは土の中に埋めていたのですが、

Pict0040

↑「ぶっ挿すだけでも芽はでるよ。」とのことなので、ぶっ挿し方式でやってみました。

Pict0041

↑70坪分ほどの植え付け面積でしたが、うまいこと育てれば来年には何倍もの面積を植え付けできる枝が取れることでしょう。そのためにも『台風、ダメ、ゼッタイ!』

そんな私の畑に最近よくハチを見かけます。

ナナメに倒れてた樹(1m50㎝ほど)をまっすぐに直すべく、「フンヌッ!」と気合を入れて直したら、1㎝ほどのちっちゃいハチが2、30匹ブーンと出てきました。

ボルトなみの瞬発力で50mほど逃げ、ぼちぼち落ち着いたかなぁという頃になってソット近づいてみると、

Pict0038

↑いました。

巣自体は長いところで15センチほどで小さいっぽいし、ハチも小さいのですが、

山椒は小粒でもピリリと辛いと言いますし、

私の農作業範囲ど真ん中なので、スーパーハチジェットスプレーでアレさしてもらいました。

ハチ、ごめんなさい。

Pict0034

↑駆除した無実のハチ。ちっちゃいアシナガバチのようですが、『なんかちょーだい』というポーズのようにも見えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いうて丸2日かかりました。 2011年9月30日

買った燻製の本にある『誰でもできるゆで卵の燻製』。

裏を返せば、

『できねぇ奴はいねぇよ。失敗すれば健さん以来の不器用だよのゆで卵の燻製』ともとれる

『誰でもできるゆで卵の燻製』。

いいわけではありませんが、私は予備知識ほぼゼロですし、少々風邪気味っぽさも垣間見えたりしますし、あぁ、持病のしゃくが・・・。

Ca3i0005

↑ペンションのテラスに作った燻製窯に、

Pict0019

↑ゆで卵を並べ、

Pict0021

↑1時間半、煙を焚いて、

Pict0023

↑一晩熟成。

Pict0025

↑「100億%失敗する」と信じて疑わなかった母が「おいしい」と言ったので、成功です。

そもそも『誰でもできる_』なので失敗することは初めからないことであり、心的ストレスもありませんでしたし、健康体そのものの私にとって余裕の成功です。

さらに自信を深めたらお客さんのビールのアテにこっそり付けてみようかと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«トンボとか出てきました。 2011年9月11日